LCT
ライナーカーボンテクノロジー。センターに入るフラットカーボンストリンガーが、弓のような役割をし、ボトムターンに影響し、トップターンの際には軽やかにレールを抜き、ボードを返すことが出来る。それらは、テールの反発とねじれを起こし、スプリングと矢のように、ドライブ性能に起因する役割も果たす。それらのデザインは、後ろ足でコントロールすれば、元気良く走り出し、ライブ感があって、レスポンスが良い。小さな波でもスピードを得られる構造。
   
エポキシ樹脂は、揮発性の有毒ガスの発生が、製作時に環境に有害な化学物質のポリエステル樹脂よりも50から70%も減少しており、喚起やマスクなしでも使用されている。実際にエポキシは、店頭においても、環境に対してもやさしく、一般家庭の建築素材にも使用されている。エポキシは、ポリエステルよりも軽量です。樹脂はサーフボードの材料の殆どを占めている事から、軽量なのは、サーファーにとって、とても意味のある事である。何よりもエポキシの最大のメリットは、耐久性と強度である。

EPSフォームは、通常サーフボードに使われる3種のフォームの中では最軽量である。結果的にフォームの密度が低く、高浮力で軽量です。パドリングが早く、サイズの小さなボードに乗れて、コントロール性能と浮力がアップする。EPSフォームコアは、年数の経過に対しても劣化しにくいという利点もございます。