WILDE

ショーンワイルドは、16歳の頃オーストラリアから、移住した後、カリフォルニアのハンティントンビーチで、25年以上前に、シェープをスタートさせた。彼のシェープするデザインは、アメリカでの経験や影響、そして17年前のオーストラリアのサーフボードデザインとが、劇的かつ見事に融合されている。
そして何よりも彼が、以前に有名なシェーパーの元で働いていた経験が、彼のシェープデザインに影響しており、トムカレンや、サニガルシア、デリックホーに、モダンなボードをシェープし提供していた、シェーパーであるブレークケースから伝授された、知識やプランナーといった道具までも、今でも受けづかれている。
そして何よりも、あのロバートオーガストまでもが、彼に仕事をオファーしていた。そこでの経験は、色んなバラエティーの彼にとって大きな幅のある、仕事をスタートさせた、結果そこで4年間にわたり、色んなハンドシェープのボードを、巨匠の下で経験した。匠の技を継承した人物であることは間違い御座いません。
彼の人生での飛躍は、ロバートオーガストのレーベルと共に、長男を連れてオーストラリアに帰るチャンスを貰った。そして何よりも、世界的に良く知られたロバートオーガストのレーベルを引っさげて、オーストラリアのサーフボードインダストリーのドアを叩き、凱旋帰国した彼は恵まれていた。もちろんロバートオーガストレーベルのボードを削っていたわけではなく、直ぐにオーストラリアを代表する、クラシカルブランドのベネッツやケヨといったブランドと共に彼独自のブランドワイルドシェープもそれに続いた。
それらの全ての結果が、それら全てのレーベルを引き継ぎ究極の選択として、夢であった自分のブランドレーベルを立ち上げるための手段であり、WILDSHAPEは、サーフボードインダストリーに揺ぎ無い立場を確立したのである。