フラックスファイバークロスは、亜麻仁(アマニは、ゴマに似た形状の種子)の繊維から作られた、熱帯雨林の生地で施工されている。近年、フラックスファイバーは、織物においても、洗練された最も歴史のある物のひとつである。最近では、ファイバーグラスの代替として用いるに足りる素材として確立されました。ラミネートの際に、異質の繊維であるフラックスファイバーと、1/3に減らした通常グラス同志をつむぐことにより、地球に優しい見た目と、さらに重要な温室効果ガスの軽減にもつながっている。




EPSフォームの製造過程の、使用に伴うイソシアン酸中毒はなく、通常のサーフボードブランクスと同じ製造工程で出来上がっている。エクスプランテッドポリエステル(EPS)フォームは、軽量で、素晴らしく、ショックを吸収する特性があり、サーフボードにとってのアドバンテージになる。EPSフォームは、浮力と反発性があり、パドルスピードが増し、マニューバービリティーに跳んでいる。


Rグリーンポキシー56という、エポキシレジンは、上限56%
を、分子レベルの構造が、植物を源としている。
このパーセンテージは、エポキシの分子レベルに、カーボンを源として含まれ、作用している。結果ミックスバイオベースのカーボンの中身の最終的なパーセンテージレートは、硬化剤の量によって変わります。


サーフボードエージェンシーが、最初に取り組んだのは、独立した第三者である一般消費者向け、エコレーベル、サーフボードのための、ザ、エコボードプロジェクトは、温室ガスの軽減に着目した。再生可能な素材と、リサイクル出来、サーフボード作成時における毒ガスの軽減を目的としています。