当社の戦略的なファントムフレックスの構造は、カーボン炭素と織物の複合素材によって、今までに類を見ない、ボードの反発性と形状記憶を可能にしました。
それは、高速で、足元でのレスポンス性能を向上させた。

EPSフォームの製造過程の、使用に伴うイソシアン酸中毒はなく、通常のサーフボードブランクスと同じ製造工程で出来上がっている。エクスプランテッドポリエステル(EPS)フォームは、軽量で、素晴らしく、ショックを吸収する特性があり、サーフボードにとってのアドバンテージになる。EPSフォームは、浮力と反発性があり、パドルスピードが増し、マニューバービリティーに跳んでいる。

SRグリーンポキシー56という、エポキシレジンは、上限56%
を、分子レベルの構造が、植物を源としている。
このパーセンテージは、エポキシの分子レベルに、カーボンを源として含まれ、作用している。結果ミックスバイオベースのカーボンの中身の最終的なパーセンテージレートは、硬化剤の量によって変わります。

サーフボードエージェンシーが、最初に取り組んだのは、独立した第三者である一般消費者向け、エコレーベル、サーフボードのための、ザ、エコボードプロジェクトは、温室ガスの軽減に着目した。再生可能な素材と、リサイクル出来、サーフボード作成時における毒ガスの軽減を目的としています。